3225

1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:37:50 ID:DLE
質問じゃんじゃんくれ


引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1439397470/

2: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:39:12 ID:DLE
そもそも貨幣とは何かというと

価値の尺度
価値の保存
取引の媒介

の主に3つの役割がある
千年戦争アイギスR オンラインゲーム くらうどわーくす
3: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:39:31 ID:BlV
紙幣はダメなのね

6: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:40:54 ID:DLE
>>3
紙幣も貨幣も発行元は違えどおなじや

4: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:39:39 ID:3mM
貨幣って、資本論とかそっちの話?それとも貨幣そのものの歴史とか?

8: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:41:54 ID:DLE
>>4
どっちも含んでるかも
学部程度の知識しかないで
すでに知ってるなら期待しないでほしい

しかも酒飲んでるからな

5: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:40:23 ID:DLE
何年が前の洋画にTimeってやつがあったと思うけど

あの映画は貨幣を知る上で役に立つと思う

7: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:41:48 ID:gin
テルマエ見てて思ったんだが、1デナリウスってどん位の価値なんやろ?

9: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:43:02 ID:DLE
>>7
すまん、見てないでわからんが
貨幣の価値ってのは
その時の物価に左右される

ハイパーインフレが起こったドイツのマルク紙幣が紙切れになったように

インフレとデフレで貨幣の重みが変わってくる

10: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:45:18 ID:DLE
映画Timeでは人々の成長が20代で止まって

富裕層は持ってる富の分長生きできるけど
労働者階級の人々は長生きするために労働するって構図な

その映画の中で労働者階級の人たちは文字どおり
生きながらえるために日銭を稼ぐわけだ

11: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:48:18 ID:DLE
経済学には機械費用という言葉がよく出てきて


例えば、俺やお前らが2ちゃんやってる時やしこってる時に
もし、働いてたら幾らの稼ぎになるか

ってやつな
学生の俺やアルバイ卜してるお前らの一時間あたりの機会費用は1000円ちょいだが

正社員や会社の重役や社長さんに至っては
2000円や3000円なんてザラなわけだ

12: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:49:44 ID:DLE
世の中、働きたいときに仕事が待ってるわけじゃなくてある程度のスケジュールの上で仕事が成り立ってるから、そんなことはどうでもいいんだけど

機械費用を知ると

お金=時間

ってやつの実感が湧く

13: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:51:48 ID:DLE
原始人に近い大昔と今みたいにパソコンに向かってデスクワークする社会とは大きく違うが

人間はかつて狩りをして農作物を育てて生計を建ててた

狩りをしても冷蔵庫なんてないから
数日で消費しないとその時の働き分が泡のように消えてしまうわけだ

14: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:53:12 ID:DLE
だから大昔の人間は
物々交換って奴を思いついた

コメ500g=肉100g
みたいな感じ
それがある意味貨幣の始まり

16: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:54:19 ID:DLE
だいぶ飛ぶけども
貨幣の形がブツブツ交換から
モノに変わって行った

例えば貝殻やら貴金属

17: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:56:07 ID:DLE
貝殻は誰でも拾えるから置いておいて

貴金属の話な
例えばみんな好きな金

キラキラ輝いてて、塩酸ぶっかけてもびくともしない安定した物質

それと、金より価値は低いけども銀みたいなやつ

そういったものって
貝殻みたいに簡単に集められるものじゃないから
価値を保存するには役にたった

18: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:58:12 ID:mpe
お前がもっとこのスレを早く立ててれば俺は国際経済落とすことはなかった(´・ω・`)

20: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:59:27 ID:DLE
>>18
国際経済はどっちかというと貿易とかの解説のが多くないか?
おれがするのは金融論や貨幣論やで

25: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:10:13 ID:mpe
>>20
機会費用とかやってんだよ
相対価格とかさ

27: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:13:09 ID:DLE
>>25
相対価格なんてまんまブツブツ交換やね
狩りで命がけで肉を手に入れるのと
田んぼでのうのうとコメを育てるのじゃリスクや機械費用が違うから
それらの価格が異なってくるみたいなさ…

19: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)01:58:37 ID:DLE
もののけ姫でも描写あるけど
アシタカが黄金の粒持ってコメと交換するシーン


あれはアシタカが要求した米の量よりも提示した金の粒の価値の方が遥かに大きくてみんな戸惑ってるよな
現代ならお釣りとして幾らかの札と硬貨貰えるけども


金をそのまま貨幣にしたら
細かい融通が効かないわけだ

21: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:00:14 ID:DLE
んで、融通が効くように今みたいなコインや紙切れが使われるようになったわけだ

22: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:01:46 ID:DLE
お前らユダヤ人の話知ってるかな?

とある王様が治める国があって
そん時のゴールドスミス(金から宝飾品やら作る人)が王様から金を預かってその預り証(手形)を発行した話

23: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:05:07 ID:DLE
まあ、金庫番だわな。
王様から金現物100キロ預かったとして
王様に金100キロ分の手形渡す

王様はその手形をゴールドスミスに見せれば預けてある金がいつでも返してもらえて…みたいな

んでゴールドスミスは預けてある金の何分の一かを人に貸したりして運用してたわけだけど
その時使ってた手形が今で言う1万円札にあたる

24: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:10:04 ID:DLE
まあ童話でありがちな展開で
ゴールドスミスは預かり料と貸し付けた利子でだいぶ儲けて顰蹙買っていじめられるって話なんだけど

これは今の銀行に通ずる話で
紙幣を語るには避けては通れない話な


世界大戦が起こる前ってのは
金本位制と言って流通してる紙切れの全てと
それを保証する国家が保有する金の量がイコールだったんだけど
それじゃあ、国際間でバランスが取れないから辞めたわけだ

26: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:11:26 ID:DLE
ここで言うバランスってのは
金をいっぱい流す国と溜め込む国のことな

当然それらの国の間では紙切れの価値がちがうわけだ

28: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:14:29 ID:DLE
そこで世界中の国は中央銀行っていう
銀行のための銀行
政府が金使う時のための銀行
お札刷るための銀行を作ったわけだ

29: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:17:00 ID:DLE
これまでは金の保有量に応じて
紙切れの重みが違ったけども

中央銀行は自身の裁量で
紙切れを重くしたり軽くしたりが出来たわけだ
まあ、人間が簡単にコントロールできるようにしたってことやな



俺のご先祖さまと話できたら金本位制終わる前に、紙切れなんて全部金と交換して
瀬戸の山に埋めてくれと言いたい

30: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:23:51 ID:DLE
だいぶ飛んて
アベノミクスの話な

中央銀行が札を増刷する事を
量的緩和っていうんだけども
理論上、量的緩和すると金利が下がるんだわ。そりゃ世間一般でありふれたものほどレンタル料取れんしな

31: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:27:50 ID:DLE
んで、年代は忘れたけど量的緩和してついに金利が0水準になって
効果が無くなっちまった

金利ってのは0以下は絶っったいにありえなくて

たとえばお前らが金に困って金を借りるとする
金利が10%なら
元本の10%上乗せして返さなきゃならんが
-10%なら借りたら借りただけ元本の10%余分に貰える



こんなのありえないよな

32: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)02:29:31 ID:DLE
そこで出たのがアベノミクス

やってる事は量的緩和と変わらないけど
今回は手加減しねーぞ
世の中に2%のインフレが起こるまで金刷りまくるからなっていう量的緩和