1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:20:44 ID:F6U

千年戦争アイギスR オンラインゲーム くらうどわーくす
2: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:24:28 ID:KrH
ソース見れねえぞバカ

3: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:25:46 ID:N5L
>>2
SKIPをクリックするんだよ

4: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:25:54 ID:P2g
見えたけど

5: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:27:35 ID:N5L
トヨタ自動車が数年前から、独フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車の排ガス性能に疑問を持ち、
欧州の規制当局に取り締まりを要請していたことが「日経エコロジー」の取材で明らかになった。

背景にはディーゼル車の開発において、VWと同じような燃費や走行性能を求めると、排ガス性能が
発揮できなかったことがある。競合他社のデータと比べてもVWが不正ソフトを使っていなければ
説明できないデータだったという。


しかし、規制当局は動かなかった。実際、2013年の欧州委員会共同研究センターの調査で、
不正ソフトを見つけていたと欧米メディアが報じている。EUではこうしたソフトは以前から違法と
していたが、「規制当局は問題を追及しなかった」(英紙フィナンシャル・タイムズ)という。

不正が明るみになったのは、欧州ではなく米国だった。環境NPO(非営利法人)のICCT
(International Council on Clean Transportation)や米ウェストバージニア大学の調査から
VWの排ガス性能に疑念が持たれ、最終的には米環境保護局(EPA)がVWの不正を発表した。

6: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:29:40 ID:N5L
以前から同業他社はVWに疑いの目を向けてきた。ディーゼル車のエンジンや排ガス技術は
基本的に大きな差がない。それにも拘わらず、燃費や走行性能で差がついているならば、
疑問を抱かざるを得なかった。

フォルクスワーゲンの不正の背景に自動車業界に共通する課題が浮かび上がる。


1つは実燃費向上に対するプレッシャーだ。

排ガス問題でも注目されたICCTが9月24日に発表した報告書が、再び自動車業界で注目を集めている。

ICCTは報告書で測定データに基づき、カタログ燃費と実燃費のかい離が広がっている問題を提起した。
カタログ燃費とは規定の試験モードに基づき、認定された燃費だ。実燃費とは実際に走行してみた
際の燃費だ。従来からその差の大きさが問題視されてきたが、ICCTは実際の測定データに基づくかい離を公表した。


下のグラフをご覧いただきたい。企業ごとのかい離率のグラフだ。かい離があるのはもはや
前提である。ポイントは全社平均のかい離率から各社がどの程度の差があるかだ。
試験以外のリアルワールドでは基準値の40倍のNOxをまき散らしていたと報じられたVWだが、
カタログ燃費と実用燃費のかい離率は他社に比べて小さい。毎年の全社平均値より下回っているのは、
VWグループと小型車が主力の仏フィアットと仏プジョーシトロエングループ(PSA)だけだ。
この対象車はディーゼル車以外も含まれるが、欧州で走行しているクルマを対象としたため、
ディーゼル車が多いと見られる。


実際、これまでVWは実燃費の良さを売りにしてきた。VW日本法人のホームページでも、他社と
比較しながら実燃費の良さをアピールしている。

これは基盤とする欧州市場の特長がありそうだ。欧州の自動車事情に詳しいコンサルタントは
「欧州の顧客は自動車の性能に厳しく、実燃費へのプレッシャーが強い」と話す。その中で
フォルクスワーゲンは排ガス性能を犠牲にしてでも、実燃費を向上させようとした構図が浮かび上がる。

7: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:31:49 ID:N5L
燃費とNOxは二律背反の関係

ディーゼル車において、燃費とNOx(窒素酸化物)は二律背反の関係にある。エンジンの
燃焼効率を上げれば燃費が向上する一方で、空気中の窒素と酸素が反応し、NOxが発生しやすくなる。
それを様々な技術を使って両立させようとしているが、どうしても二律背反の要素は残ってしまう。


特にこのジレンマを抱えるのが排ガス浄化装置の1つである再循環装置(EGR)だ。EGRは
排ガスの一部をエンジンに戻し、エンジンの燃焼温度を下げてNOxの発生を抑える。
EGRを機能させ過ぎると排ガスの循環量が増え、「燃費が最大で3~4割悪化する」
(日本自動車研究所のエネルギ・環境研究部の土屋賢次部長)。


そこで実際には、EGRを「適度に」使って燃費の悪化を抑えつつ、残りは後処理装置で
NOxを低減するのが一般的だ。VWは不正ソフトを用いて試験以外ではEGRなどを使わず、
燃費向上を実現する一方で、NOxをまき散らしていたと見られている。

もう一つの共通の課題が耐久性だ。ディーゼルエンジンの研究に長年取り組んできた早稲田大学
理工学術院の大聖泰弘教授はVWの不正発覚後すぐにこの問題を指摘していた。
「EGRを使うと使わない場合に比べて燃費の悪化だけでなく、エンジンの劣化が早くなる」と話す。
VWの不正によって、快走を続けてきたディーゼル車の技術的課題が改めて認識されることになった。

9: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:33:29 ID:N5L
試験時とリアルワールドでのデータの違いは、排ガスだけでなく燃費でもある。VWはディーゼル車に
おいて燃費を優先したとするならば、環境よりカネを選んだとの批判を受けざるを得ないだろう。
なぜなら、燃費は直接消費者の便益になり、自動車の購入動機につながるが、排ガス性能は
購入動機になることはあまりないからだ。規制をクリアするのは義務であるため、できるだけコストを
減らしたいとの意思が働く。皮肉なことに、VWは環境軽視のしっぺ返しを制裁金や賠償、ブランド毀損
などの巨額資金流出という形で受ける。


他の環境規制への波及も

試験時と実態の格差が問題となってきたのは、自動車の排ガス規制が初めてではない。
これまで大気汚染や水質汚染、化学物質汚染など様々な環境規制が同様の問題を抱えてきた。
常に汚染を測定するとコストがかかりすぎるからだ。2兆円を超えるとも言われる巨額制裁金が
VWに科されれば、環境規制をより厳格に適用するという動きが世界的に広がりそうだ。

10: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:33:44 ID:N5L
-完-

11: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:34:36 ID:9vn
てか、欧州メーカーとかは
ディーゼルが実は環境にいい
ターボが実は環境にいい
電気だとパワーが足りない(実はトルクありまくり)
とかいって自分たちの技術力のなさをごまかしてきたよな

12: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:35:34 ID:heA
>>11 ドヤ顔でそれに乗っかった日本の自動車評論家がたくさんいたな
今でもいるか

13: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:35:36 ID:4u5
長げーし
そこまで興味ねーわ

14: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:35:52 ID:P2g
あー…全文貼ってしもうたか

16: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:39:53 ID:N5L
今年は技術大国ドイツって神話が崩れた年

17: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:51:14 ID:Pjm
ホロコーストワーゲン問題の最中にトヨタが本物のクリーンディーゼルと次世代触媒発表したからなw
真面目にクリーンディーゼルの開発してるのが実は日本メーカーだけだったってオチ

18: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:54:41 ID:N5L
>>17
アメリカのメーカーは開発しとらんの?

25: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:36:36 ID:Pjm
>>18
アメリカは乗用車にディーゼルエンジン積む事自体懐疑的というか求めてない
VWが不正で突破したアメリカの規制もディーゼル排除が目的と言われても仕方が無いレベルだしね

26: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:38:35 ID:NZ6
>>25
アメリカの環境規制は欧州のそれより厳しいんだっけか

てかハイブリッド以外はクソだということがあらためてわかったな

27: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:40:47 ID:kru
>>26
燃料電池車の方が・・・

29: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:41:40 ID:NZ6
>>27
コストと見合わないと思う

31: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:43:31 ID:kru
>>29
20年もすれば・・・

19: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:56:03 ID:jtj
トヨタもVWの不正に加担していた に見えてしまった

15: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)17:36:35 ID:pDp
>>1は?

20: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:05:50 ID:F6U
>>15
EU汚えなあーと
空も心も汚いなと
雇用とか守りたかったんだろうけど偉そうなこと二度と言わないで欲しいね

21: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:08:48 ID:hSC
>>20
産業革命やブルボン朝の時も街が汚かっただろ

23: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:23:20 ID:UsL
グラフ見る限り
アメ車と欧州車はどっこいどっこいの性能なのに
欧州各メーカーが軒並み改ざんしてるって感じに見えるな

24: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:29:58 ID:kru
で,しわ寄せはどこに行くのだろうか?
ボッシュ?キャタラー?ガイシ?
それともプログラムだけ?

28: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:41:25 ID:Eeh
結局、日本の自動車会社がディーゼルにあまり本気参入しなかったのには理由があったということか
一時期から、何故日本ではディーゼルを出さないのかとよく言われてたが、こういうオチがつくとはね
おかしいとは思ってたんだよな

32: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:43:59 ID:ipA
>>28
真面目にやったマツダはパワー出せなかったみたいだしな。

30: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:42:26 ID:NZ6
21世紀はアジアの時代なんだな

33: らんらん◆IMWagR89Dsve 2015/10/01(木)18:44:32 ID:PdC
燃料電池って水素とか言う危険物・・・

35: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:45:24 ID:ipA
>>33
自動車って、ガソリンっていう危険物……。

34: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:45:08 ID:Wyi
日野やいすゞがあるのに日本のディーゼル技術が低いはずはないしね

36: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:45:28 ID:nnn
ソーラー開発に本気出してソーラーとガソリン併用すれば3倍燃費良くなる
権力者が潰すけど

39: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:47:56 ID:NZ6
>>36
ソーラー住宅って国から補助が出てやっと売れるレベル
ソーラーはその性能の割に製造コストが高いし、
そもそもソーラーシステムを作るために多くの電力すなわち石油を使う
という矛盾

43: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:52:07 ID:Pjm
ディーゼルエンジンの利点は簡単に大型化出来て低回転でトルクがモリモリでて長時間稼働出来る(燃費がいい)結果ガソリンよりCO2が少ない
但し排ガスが汚い
郊外を長距離運行するトラックとか大型車に向いてる

小中型乗用車にはなんちゃってクリーンディーゼル車走らせるくらいなら素直にガソリン車走らせた方が環境にはいい
CO2が言われていたほど悪でも無さそうだしね

45: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:53:23 ID:F6U
水素自動車は後は価格だけ
トヨタもマツダも実用化する

56: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)18:59:14 ID:NZ6
かつてカリフォルニア州が州内で売る自動車の何%だかを
電気自動車にするよう自動車会社に義務付ける法案を通した
が、結局廃案にすることになった

あの頃は近い将来電気自動車が普及するとみんな信じていた
あれからもう20年経つよ

正解はハイブリッドをいち早く量産化したトヨタだった